【#PowerApps】ComboBoxが選択されていないときにページ遷移をさせない方法

Published: by

概要

コンボボックス(ComboBox)でアイテムが選択されていないときにエラー通知やページ遷移をさせない方法です。

施策

IsBlank関数とCountRows関数の両方を使用する。 どちらか片方だけでも、一見うまくいきそうですがケースに抜けが生じるので両方実装する必要があります。

コード

ComboBoxの複数選択は許可しています。 ComboBox1.OnCange

If(
    IsBlank(ComboBox1.SelectedItems) || IsEmpty(ComboBox1.SelectedItems),
    Concurrent(
        UpdateContext({IsValidate: false}),
        Notify(
            "選択されていません",
            NotificationType.Error
        )
    ),
    UpdateContext({IsValidate: true})
)

Notify()は任意です。

あとは IsValidate をボタン等の遷移するためのコントロールに設定してやります。

If(
    IsValidate,
    Navigate(
        Screen2,
        ScreenTransition.Fade
    ),   
     Notify(
        "エラーが出ている個所を訂正してください。",
        NotificationType.Error
    )
)

なぜIsBlank()が必要?

コンボボックスコントロールはユーザーがコンボボックスを選択する前はDefaultselectedItems プロパティを使用して選択した項目を初期化しています。

ただし、コンボボックスコントロールの Selected プロパティと SelectedItems プロパティはユーザーの操作によって選択されたアイテム一覧を表示するために使用されます。したがって、手動でコンボボックスコントロールから値を選択しないと、Selected式は空白を返します。

その為、IsBlank関数が必要となってきます。

なぜIsEmpty()が必要?

ユーザーがコンボボックスを選択後にアイテムを削除した場合、すでにユーザーが1度手動で値を選択したため、Selected式は空白を返さなくなるので必要です。