個人で無料で始める Microsoft Flow

Published: by

Microsoft Flowとは

Microsoft 製の IFTTT のようなサービスで、None Code で 様々な他のサービスと連携することが可能です。

よく使われる場面として、

  • 「何かを自動化したい」
  • 「どこかにデータを渡したい」

に利用されます。

具体的に

  • 「特定のメールは上司に転送する」
  • 「決まったタイミングでTweet」
  • 「ボタンを押すだけで休みますメールの送信」
  • 「サイトの更新(RSS)をチェックして自動で Microsoft Teams に投稿する」

等が簡単に作れてしまいます。

Microsoft Flow を企業や Office365 がないと利用できないと思っていませんか?Microsoft Flow はいくつかの制限はありますが、個人で無料で利用できるサービスです。これを機に利用してみましょう。

IFTTTと Microsoft Flow

先ほど IFTTT のようなサービスと紹介しましたが、決定的に違う場面は間に処理が挟めることです。

IFTTTの場合は

もし何かが起こったら(トリガー) これを実行する(アクション)

という1トリガー1アクション考えに対し

Microsoft Flowは

もし何かが起こったら(トリガー)  これを実行して(アクション) その後これを実行する(アクション)

といったような 1トリガー N アクション が可能です。 その分複雑にはなってきますので、Microsoft Flowと比べて IFTTT のほうがライトユーザー向けになっています。

個人での始め方

MIcrosoft Flow は制限はありますが、個人アカウント(Microsoftアカウント)で利用できます。 つまり今から始める場合は hogehoge@outlook.jp といったアドレスで利用可能です。

Microsoft アカウントを持っていない方

作成する場合はこちらから

Microsoft アカウント作成01
Microsoft アカウント作成02
Microsoft アカウント作成03

Microsoft アカウントをお持ちの方

Microsoft アカウントすでに持っている又は作成後は Microsoft Flowへアクセス、ログインを行います。

https://japan.flow.microsoft.com/ja-jp/

Microsoft Flow ログイン01

任意の国を選択し「開始」を選択します。

Microsoft Flow ログイン02

以上で個人で Microsoft Flowを始めるスタート地点には立ちました。

もちろん個人でなくとも、業務であればお使いの Office365 にログインしているアカウントでも利用可能です。

具体的な Flow は次回以降に作成します。

Freeプランの制限について

個人での利用に制限というわけではなく Freeプランに制限があります。

https://japan.flow.microsoft.com/ja-jp/pricing/

コネクタ

標準コネクタと呼ばれるものと、組み込み済みのコネクタの一部のみ利用可能です。Premium コネクタと呼ばれるものは Microsoft Flow Plan1以上で利用が可能になります。

実行回数

1か月あたり 750回 という制限があります。

SLA

保証されていません

Flow の実行頻度

Microsoft Flowには実行頻度という考え方があります。

例えば

「ファイルが作成されたときに処理を実行する」

といった処理場合 Microsoft Flow がファイルの差分を見に行くわけですが、その頻度が Freeプランの場合 15 分に 1 回となります。

Microsoft Flow プラン01
Microsoft Flow プラン02