Power Apps Acceleration シグナルの使い方と解説

概要

Power Apps のキャンバスアプリの関数・プロパティの解説と実際の使い方に関する記事。 今回解説する関数は Acceleration シグナルになります。 また、この情報は 2020/6/29 時点の日本環境でのものとなります。

Acceleration プロパティとは

公式より

Acceleration シグナルは、デバイスの画面に対して相対的な 3 次元におけるデバイスの加速度を返します。 加速度は、9.81 m/秒2 単位または 32.2 ft/秒2 単位、つまり g (地球の重力によって地上の物体に与えられる加速度) で表されます。

つまり、Acceleration シグナルを利用することで、デバイスの3次元加速度を理ゆすることができるようになります。また、Acceleration シグナルは PC では利用できず、 2020/06/29 時点ではスマートフォンのみで利用可能です。

書き方

書き方は以下になります。

Acceleration.X

また、他に Y 軸と Z 軸を指定することができます。

Acceleration.Y
Acceleration.Z

使い方

実際には以下のような場面で利用することになるかと思います。

  • デバイスを傾けたときに動作させるアプリケーションの作成
  • 傾きや加速度を利用するゲームの作成

実際にはこれら以外にもあるかと思いますが、ゲーム等に向いているシグナルで、業務アプリケーションにはあまり利用する機会はないかと思います。

まとめ

Acceleration シグナルとは以下のような特性を持っています。

  1. Acceleration シグナルは デバイスの3次元加速度を取得することができます
  2. Acceleration シグナルは基本的にモバイルでのみ動作します。

参考

公式ドキュメント