Power Apps Assert 関数の使い方と解説

概要

Power Apps のキャンバスアプリの関数・プロパティの解説と実際の使い方に関する記事。 今回解説する関数は Assert 関数になります。 また、この情報は 2020/7/5 時点の日本環境でのものとなります。

Assert 関数とは

公式より

アサーションは、テストにおいて true または false に評価される条件または式です。 式が false を返す場合、テスト ケースは失敗します。

つまり、 Assert はキャンバスアプリで利用する関数ではなく Test Studio で利用する関数になります。 Test Studio とは キャンバスアプリでのテストを自動化するツールです。そちらで利用する関数になります。 Test Studio に関しては別途解説いたします。

書き方

書き方は以下になります。

Assert(expression, message)
  • Expression – 必須。 true または false として評価される式を入力します
  • Message – 必須ではありません。 エラーを説明するメッセージです。

実際に値を入れると以下になります。

Assert(lblResult.Text = "Success","ラベルの値が Success であることを確認 lblResult.Text:"&lblResult.Text)

といった具合になります。

使い方

実際には以下のような場面で利用することになるかと思います。

  • テストを自動化するとき

テストの自動化はアプリケーションを素早く改善するには必須の作業になってきます。新たな機能を追加するたびに、何度も主導でテストをしていては時間もかかり、バグを作る原因にもなってしまいますので、ぜひテストの自動化にトライしてみてください。

まとめ

Assert 関数とは以下のような特性を持っています。

  1. Assert 関数 はテスト結果を判定します。
  2. Assert 関数 はキャンバスアプリで利用する関数ではありません。Test Studio で利用する関数です。
  3. 自動テストは素早くアプリケーションの改善を行うには必要になります。

参考

公式ドキュメント