Power Apps Back 関数の使い方と解説

概要

Power Apps のキャンバスアプリの関数・プロパティの解説と実際の使い方に関する記事。 今回解説する関数は Back 関数になります。 また、この情報は 2020/7/9 時点の日本環境でのものとなります。

Back 関数とは

公式より

Back 関数は、最後に表示された画面に戻ります。

つまり、 Back 関数は前のページに戻るために利用する関数になります。

書き方

書き方は以下になります。

Back()

または

Back(アニメーション)

となり、実際にアニメーション値を入れると以下のように指定します。

Back(ScreenTransition.Fade)

規定値では None が指定されており、アニメーションを行わない設定になっています。指定しない場合はアニメーションは実行されずページが前のページに戻ります。 また、アニメーションは全部で以下になります。

  • ScreenTransition.Cover
  • ScreenTransition.CoverRight
  • ScreenTransition.Fade
  • ScreenTransition.None
  • ScreenTransition.UnCover
  • ScreenTransition.UnCoverRight

詳しくどんな感じにアニメーションするかは公式ページをご参照ください。

使い方

実際には以下のような場面で利用することになるかと思います。

  • キャンバスアプリで前のページに戻る場合

Navigate 関数でも前ページに戻るように作成することは可能ですが、複数の画面からくる場合の時に正確に前のページに戻る場合は Back 関数を利用したほうがよいでしょう。

まとめ

Back 関数とは以下のような特性を持っています。

  1. Back 関数 はキャンバスアプリで前のページに戻る場合に利用します。

参考

公式ドキュメント