Power Apps Color 関数の使い方と解説

概要

Power Apps のキャンバスアプリの関数・プロパティの解説と実際の使い方に関する記事。 今回解説する関数は Color 関数になります。 また、この情報は 2021/05/13 時点の日本環境でのものとなります。

Color 関数とは

公式より

Color 関数は列挙体を使用すると、HTML のカスケード スタイル シート (CSS) で定義されている色に簡単にアクセスできます。 たとえば、Color.Red は純粋な赤色を返します。

つまり Color 関数は Power Apps 内で定義された色を利用したい場合に使います。

書き方

書き方は以下になります。

Color.ColorName

例えば以下のように書くことができます。

Color.AliceBlue // #f0f8ff
Color.Brown // #a52a2a
Color.Orchid // #da70d6

といった形にすでに定義された色を指定することができます。 定義された色一覧は以下になります。

Poweer Apps で定義済みの色

使い方

実際には以下のような場面で利用することになるかと思います。

  • 定義済みの色を利用してアプリを作るとき

Color 関数 は定義済みの色のみですが、比較的簡単にデザインを統一することができますし、サンプルのアプリでも使われることがあるので、ぜひ使ってみましょう。

まとめ

Color 関数とは以下のような特性を持っています。

  1. Color 関数は、Power Apps ですでに定義された色を宣言することができます。
  2. Color 関数の定義された色は硬式ドキュメントで確認できます
  3. Color 関数のほかに、 RGBA 関数や ColorValue 関数などで色を定義することもできます。

参考

公式ドキュメント

Poweer Apps で定義済みの色