Power Apps ColorValue 関数の使い方と解説

概要

Power Apps のキャンバスアプリの関数・プロパティの解説と実際の使い方に関する記事。 今回解説する関数は ColorValue 関数になります。 また、この情報は 2021/05/18 時点の日本環境でのものとなります。

ColorValue 関数とは

公式より

ColorValue 関数は、CSS の色文字列に基づいて色を返します。

つまり ColorValue 関数は Web 全般で使われている色を表示することができます

書き方

書き方は以下になります。

ColorValue( CSSColor )

実際に値を入れて書くと以下のように書くことができます。

ColorValue( CSSColor )

ほかにも

ColorValue( "#ffd700" ) 

や透過(アルファチャネル)を持つ8桁でも表現することができます。

ColorValue( "#ff7f5080" ) 

このような色コードは以下のサイトが参考になります。

原色大辞典

使い方

実際には以下のような場面で利用することになるかと思います。

  • Power Apps に定義されていない色を表現したい場合
  • 細かな色やを表現したい場合

ColorValue 関数 は RGBA 関数と同じ程度使う関数ですので、合わせて覚えておきましょう。

まとめ

ColorValue 関数とは以下のような特性を持っています。

  1. ColorValue 関数とは、CSS の色文字列に基づいて色を返します。
  2. ColorValue 関数とは、カラーコードを指定することで色を表現できます。

参考

公式ドキュメント

原色大辞典